被害者に対する支援

現代は、以前とは比べて、多くの考え方や生き方をしている人を受け入れていこうという傾向が強くなっています。しかし、そういった社会になりつつあるとはいっても、まだまだ何らかの点で差別を受けている人がおられます。

後遺症どの国に住んでいるかという点もそれに影響しますが、どのような社会を望んでいるかという点でも異なってきます。これからは、交通事故などで後遺症を負ってしまった人あっても、健常者と何ら変わりの無い生活が出来るような、そんな社会となっていくことが求められます。それは、今以上に、です。

そのための社会づくり、というのはすぐに出来るものではありません。しかし、社会を構成する私達の側が、そういった考えを推しだしていき、実際に行動するなら、少しでもそういった社会を実現するために貢献することが出来るでしょう。

誰も、他人を傷付けたいとは思っていません。しかし、自分ではそうしたいと思っていなくても、結果的にそうなってしまう、そういう場合があります。車の運転も、私達は誰もが事故を起こしたい、とは思っていないでしょう。しかし、実際に自分たちの運転が原因で、それを引き起こしてしまうことがあります。もう一度、自分の運転を、改善できないかどうか、考えてみましょう。


関連記事
交通事故-人事じゃない
『負う』責任と『負われる』責任
事故は誰にでも起こりうる