事故は誰にでも起こりうる

私達は毎日をいろいろな事態を想定して生きています。もちろん、私達自身は、全てのことについて想定することは出来ませんが、より良い結果を招くために、自分たちがどのような行動を取れば良いかという点について知っています。

交通事故しかし、それらはあくまで私達の予想に基づくものであって、それによってどのような結果を招くことになるのかという点は誰もが勝手に予想することは出来ません。ですから、より私達の行動に危険が伴わないように、より良い結果を招くことが出来るように、様々なことを想定しているのです。

さて、車の運転に関しても同様のことが言えます。私達は車の運転で、様々なことを想定しながら行う必要があります。逆に想定できないと、事故を招く危険性があるのです。その点は、多くの方が身をもって知られていると思います。

現段階で私達は自分たちの事故の可能性を0にするということは難しいかもしれません。しかし、それをあくまで0に近づけるということは可能です。それは、私達の意識によって改善できます。『事故は自分には関係が無い』と思うのではなく、『事故は自分にも起こりうる』『事故は誰にでも起こりうる』ということを考えておくことができます。


関連記事
交通事故-人事じゃない
『負う』責任と『負われる』責任
被害者に対する支援