交通事故-人事じゃない

車社会と言われる現代において、その乗り物が占める重要性というものが非常に高くなっています。そして、誰もが車に乗っている時代だからこそ、それが引き起こすトラブルというのも非常に多くなっています。

車車が原因として起こるトラブル…やはりそれを挙げるなら、交通事故でしょう。毎日のように発生している交通事故、全国的に対策を行っているにもかかわらず、件数が0にならないのは、実際に運転を行っている人の間において、未だに危険な運転をすることに対しての危機感、いわばリスクが広がっていないことが挙げられます。

リスクを全ての人が理解すれば、必然と人はそれらの事態を避けようとするはずです。しかし私達自身がそれらを理解していないので、やはり事故は毎日のように起こってしまうわけです。勿論全てがその場合はありません。何もしていないのに、巻き込まれることがあるからです。どちらにしても、誰にとっても交通事故というものが関係の無い事柄とは言い切れない、と言えます。

そんな時代において、私達ができるのは、単に交通事故を起こさないように安全運転を心掛けると言うことだけではありません。もちろんそれが一番大切ではあるのですが、もし、交通事故が発生してしまったら、どのような対策が必要なのか、その意識が求められていると言えます。そのためには、私達は『知らなければ』なりません。交通事故の現状と、そして私達自身が負わなければならない『責任』に、ついてです。


関連記事
『負う』責任と『負われる』責任
事故は誰にでも起こりうる
被害者に対する支援