『負う』責任と『負われる』責任

責任には『負う』側と、『負われる』側があります。本来は私達がそれらを負わなければならないというときに、誰かがそれを代わりに負ってくれる、ということもあります。しかしそれはあくまで、責任が軽いときであって、やはり最後には、自分で責任を負わなければなりません。

交通事故さて、いわゆる交通事故によって、そもそも『どちらが』『どのくらいの』責任を負うのか、という点は難しい判断です。交通事故には、いわゆる『過失割合』というものがあります。もし、相手が一方的に衝突してきた、などの理由であれば、10割の割合で相手に過失が認められることもありますが、そうならない場合が多いと言えます。

また、歩行者との事故など、完全に運転手側に過失があり、しかも歩行者が重傷を負ってしまった場合、いわゆる『責任』は、重いものとなります。そして、もし相手の命を奪ってしまった場合は、特にそうであると言えます。私達は、『責任』という言葉の前に、なすすべもなくなってしまいます。

交通事故が残す禍根は、後になっても消えないことがあります。そういった状況になってしまわないように、私達は日々、もし事故によって責任を負わなければならなくなったときのことを考えて、安全運転に勤しむことが求められます。


関連記事
交通事故-人事じゃない
事故は誰にでも起こりうる
被害者に対する支援